創業

創業支援ルーム開催の創業支援セミナーへ参加してきました。




講師は、最近東証1部へ上場したエイチームの林高生社長です。




創業時に苦労した話しを聴くことでき、よかったです。




スマホのゲーム開発が中心の会社かと思いましたが、スマホを利用して引っ越しの仲介をしたり、結婚式場の案内サービスするソフトの運営をしており、ビジネスモデルとしても安定した収益を獲得できる仕組みがあると感じました。




ポイントは、業者が未稼働な場合は、価格が安くなることが多く、そこでスマホ場でニーズを問い合わせしてきた顧客に業者紹介を行うというものでした。ホテルや旅館でじゃらんなどがありますが、それの引っ越しサービスや、結婚式場のバージョンといったものです。





このようなサービスは、参加してくれる業者を集めるのが大変だと思いましたが、この点について、林社長は、その業界のためになることを熱心に説明していくこと、また、営業する従業員全員が、本当にそう思って事業を推進していくことが大切ということを話されました。





なるほどと思いました。引っ越しアプリは、社長の個人的な実体験から必要性を感じて、アプリの開発を開始したとのこと。また、アプリは、百以上作成しているが、成功するのは、そのなかの1つぐらいしかないとのことです。



スマホで収益をあげることも大変ですが、やはり、ニーズや需要をキャッチすることが、成功の秘訣だと思いました。