領収書の電子化

ベアテイル、領収書をスマホで電子証明、アプリ開発、外出先でも経費精算。 2016/08/29 日本経済新聞 朝刊 精算アプリのBearTail(ベアテイル、東京・千代田、黒崎賢一社長)はスマートフォン(スマホ)で撮影した領収書画像に「タイムスタンプ」を付与するサービスを始める。タイムスタンプは領収書画像の日付や画像が改ざんされていないことを電子的に証明するもの。  電子帳簿保存法の改正で2017年1月からはタイムスタンプが押された領収書の画像があれば紙の原本は破棄できるようになった。  利用者はスマホにダウンロードしたベアテイルの専用アプリで領収書を撮影して送信する。ベアテイルが専門業者にスタンプ押印を委託、サーバーに保管、利用者は必要な時にサーバーから取り込む。タイムスタンプを押せる複合機はあるが、同社のサービスでは外出先でも経費の精算ができる。  利用料金は1ユーザーにつき月額1080円。17年5月までに300社への導入を目指す。
そこまで電子で保存したい事業者の方のも限られれるかも。特にそのままファイルなどに入れて原本保管しておけば、問題ないような気がします。 でも、うれしいです。領収書だけでなく、請求書やすべての郵便物を写真を撮っておくことが当たり前になる時代が来ると思います。自分でも会計処理していますが、スマホで写真を撮るのか一番簡単な事務処理と思えてならないからです。