株主総会の復代理人選任の件

株主総会の出席委任状に「復代理人選任の件」と記載してある例があります。非上場の会社で見られる例かもしれません。 これは、代理人が出席できなかった場合、代理人がさらに代理人を選び、出席を委任することができるとしたものです。 正確には、代理人の代理ではなく、あくまでも依頼者本人の代理ですので、その復代理人の権利行使の結果は、本人に帰属します。
万が一、例えば、総会終了の後、決議内容に問題が発生してしまったとき、アリバイを逆手に取られて、代理人が物理的に株主総会に出席不可能だったと立証されたとしても、この復代理人選任の件を入れておけば、「(アリバイ不明な別の第三者である)あの人に復代理をお願いておいた」と言い訳することができ、株主総会の決議について、法律的に瑕疵を防ぐことができます。株主総会の決議の有効性を完璧にするために、この復代理人選任の件は、大切なことなのです。

コメントの投稿

非公開コメント