電気自動車

2012年8月26日
日経新聞

【電気自動車テスラの挑戦】
自動車もEVへの移行が進めば、液晶テレビと同様、アナログ技術で培った競争力は通用しにくくなる。
日本はもの作りは強いが、ソフト技術が弱い。



ソフトウェアについては、基本的に日本人は、英語を日常的に使用しないので、語学の壁がどうしてもあると推測しています。プログラムは、すべて英語と記号で記述されるため、ちょっとしたニュアンスが直感的にわからないケースが多いのではないでしょうか。また、英語に加え、数学的思考力が、必要とされるので、これもまた壁になります。したがって、ソフトウェア開発にかかわれる日本人は思ったより限られることになり、人材の層に厚みがなくなっている結果となっていると思います。


ソフトが弱いのは、結局は、語学問題に根付いていると思います。


 


大野晴広公認会計士・税理士事務所のホームページ(http://www.ohnokaikei.com/index.html)はこちら

コメントの投稿

非公開コメント